最初に

就職した会社は

 拳銃ケースのメーカーでした。

 

拳銃ケースは

 折り紙のように1枚の革パーツを

  折り畳み作られています。

 

 

その後

バッグデザイナーを経て

 カバンの修理業で独立しました。

 

修理に来るカバンの多くは

  「点」でものを支える構造になっています。

 

 

「点」に対して「面」でものを支える構造を

 モノコック構造と言います。

 

卵や貝殻のように

1枚の素材で構成される

 [ 単純かつ美しい、丈夫な入れ物 ]

 

 そんなものづくりをしたい

  と思うようになりました。

そうして

1枚の革パーツを折り畳むことで

multiが出来上がりました。

 

multiを組み合わせることで

   色々なアイテムを展開させていきました。

 

 

 

 

「人は最初にした仕事と共に生きる」

 

拳銃ケースが教えてくれた何かは

ちゃんと自分の中に生きているようです。

 

 Takuyama&co.

佐藤 拓